大阪・神戸の建設業許可申請(更新・業種追加・決算変更届等)、経審のことならT&T行政書士事務所へ。資金繰り対策、事業計画書作成にも対応。

大阪神戸建設業許可代行.com > 経営事項審査、その他関連する手続 > 経審の手続き

経審の手続き

投稿日:2019/12/20

経審は、大きく2段階の手続きに分かれます。

まず第1段階として、「経営状況分析申請」というものがあります。

これは、建設業者の決算書に基づいて経営状況を評価するものです。

経営状況分析申請では、建設業者が提出した決算書から一定の経営指標の数値を算出します。

次に、算出された数値に一定の算式を当てはめて評点を出します。経営指標が良い数値を示すほど評点が高くなります。

最終的に、経営状況の評点が掲載された「経営状況分析結果通知書」が取得できます。

次に第2段階として、「経営規模等評価申請」というものがあります。

建設業者の経営規模や技術力、社会性などの評価するものです。

一般的に、この第2段階の「経営規模等評価申請」のことを「ケイシン」といいます。

経営規模等評価申請では、売上高が大きくて技術者の数が多いほど高い点数が与えられるようになっていますが、ほかにも、営業年数、利益額、退職金制度など様々な面から建設業者を客観的に評価するようになっています。

経営規模等評価申請する際、第1段階での「経営状況分析結果通知書」が提出書類になるので、経営の規模と経営状況の両面から評定値が算出されることになります。


pagetop